出遅れないように注意

このコラムをシェアする

申請できる期限

使いたい補助金や助成金が決まったら、申し込み期限を調べてください。
地域のホームページを見ると、いつからいつまでと具体的に書かれていると思います。
もう申し込めるなら、すぐに準備を整えて済ませましょう。
まだ時間に余裕がある時は、すぐに申請しなくても良いと考えてしまうかもしれませんね。

補助金は、予算枠が決まっています。
申し込む人が多く早く予算に到達した場合は、その時点で締め切られると考えてください。
期限ギリギリに申し込むと、タイミングによっては間に合わない可能性があります。
資金調達ができなかったら困るので、早めに行動することを心がけましょう。
また早くから準備をすることで、ゆっくりと必要な書類を作成できる面がメリットです。

すぐに資金を受け取れない

今すぐに、まとまった資金を受け取りたい人がいることでしょう。
しかし補助金や助成金は、受け取れるまでに時間が掛かります。
最低でも、1年は掛かると覚えておきましょう。
時間に余裕がある時に、この方法で資金調達を行ってください。
毎回補助金や助成金を当てにするのではなく、その時に合わせて資金調達方法を使い分けましょう。

なぜこんなに長い時間が掛かるのかというと、本当に条件を満たしているのか念入りにチェックされるからです。
そして基本的に、申し込んだ順番にチェックされます。
そのため申請が遅れると、資金を受け取れるのも遅くなってしまいます。
なるべく早く資金を受け取りたいなら、募集が始まったらすぐに申し込みましょう。